日本口腔顔面痛学会会員各位

日本口腔顔面痛学会 理事長

松香芳三

 

「からだ・運動器の痛み専門医療者」認定試験のご案内

 

 

 「からだ・運動器の痛み専門医療者」とはNPOいたみ医学研究情報センターによる認定制度です。慢性痛医療における集学的治療の推進のため、新しい知見を含めた慢性の痛みの知識と技術を修得した、痛みの治療を適正に行える医療スタッフを養成することにより、日本における疼痛診療の向上を図ることを目的とします。日本口腔顔面痛学会学会員にも受験が認められており、本学会員から数名の合格者がおられます。本学会では口腔顔面痛を研究・治療するために非常に有意義な認定資格と位置付けております。奮って受験をお願いいたします。

 

受験に必要な条件
所属学会が発行する受験資格証明
本学会では専門医筆記試験合格を受験資格基準としております。
2、慢性の痛みワークショップ(医療者研修会)受講にて4単位以上を取得していること。対象となるワークショップ一覧(別紙)をご参照ください。また、試験当日の午前中にも行われる予定になっておりますが、詳細は未定です。
3、認定試験申請書(以下のURLからダウンロード可能です。)
1の日本顔面痛学会の受験資格審査申請は様式1に必要事項を記入し、PDFにて事務局にお送りください。審査の後、証明書をお送りします。
受験資格に関しては以下のURLをご参照願います。現在、令和2年度の試験に関する情報はUPされておりません。
ご質問は事務局にお願いいたします。

日時:令和2年2月16日(日)15:40〜17:00
場所:順天堂大学会議室

http://pain-medres.info/professional/system/index.html

「からだ・運動器の痛み専門医療者」認定試験のご案内